我が家の桜
奥沢2丁目 桜井 勝彦

第28号 2007.7.26

 私の家には大きな桜の木があります。春になれば、その枝に支えきれないくらいにたくさんの美しい花を咲かせます。

 9年前、祖父の代から住んでいた隅田川沿いの土地が東京都の都市計画の予定地となり、引越しを余儀なくされました。それから約2年間の不動産探しを経て、この奥沢に住居を構えるに至りました。土地を探すのに2年もの時間がかかった最大の理由は「ここだ!!」と決心させる“決めて”のようなものに遇わなかったからだと思います。そして業者からこの奥沢の土地を紹介された時に、敷地の中でたくさんの緑の葉を茂らせている桜の木を見て、私は直感的にその“決めて”を得る事が出来ました。

 以来、此処に暮らし始めてから6年、毎年美しい花を咲かせる我が家の桜の他にもこの奥沢には多くの楽しい緑があることを知りました。買物をする時に通る緑道には春に美しい花が咲き競う桜並木があり、ご近所の庭先には可愛い花々やみごとな草木を見ることができます。そうした美しい緑は私に奥沢に住む人たちの緑を大切にする気持ちを感じさせてくれます。奥沢を訪れた人々が実感するこの街の環境の良さは、この奥沢に住む人たちの気持の現れたものだと思います。

 私も、この奥沢に住むことを私や家族に決心させてくれた我が家の桜に感謝し、これからも長く美しい花を咲かせてくれるように大切にしていきたいと思っています。