緑の奥沢
奥沢2丁目 谷口 小夜子

第6号 2001.11.7

 私たちが奥沢に移って来てから、9年目になりました。ようやっと奥沢の住人になれたかしらという所です。

 最初に現在住んでいる場所に案内された時は初秋の昼下がりで、人の気配のないとても静かな所という印象でした。

 次に来た時は緑ヶ丘の駅に降りましたので、駅前からゆるい坂を登って来る時にあの大欅があって、トトロの木の様だと思いました。大井町線に乗ったのも初めてで、駅と駅の間隔の短さと踏み切りに驚きながら着きましたので、大欅を見てほっとしたのを思い出します。とても気に入っていたのですが、その時はご縁がありませんでした。

 駅から歩いて10分以内で、近くにスーパーがあって、出来れば緑が多く静か、このような条件で見て回り、九品仏のお寺の裏に決まりかけた時、もう一度奥沢の話が有り、決まった時は6カ月が過ぎていました。住む所を探し始めて、唯一気に入った所が奥沢2丁目でした。  ようやっと奥沢に住み始めた春、道の曲がり角からどちらを向いても、必ず桜の木が見えて、とてもうれしかった事を思い出します。でも近年、大きな屋敷が壊される事が多々有り、多くの緑と共に桜の木も何本も無くなりました。記憶の中だけの桜の木が多くなるのは、本当に残念です。奥沢の緑と桜の木がいつまでもあります様に、心から祈っています。